« 記事数100になりました(*^_^*) | トップページ | 今日のお弁当(^・^)☆ »

2010年4月12日 (月)

防げるガン”子宮頸がん”

主人のお父さんから「子宮頸がんのワクチンのことが、テレビでやってたよ。ワクチンで防げるガンであれば、受けといた方がいいよ。」と、孫娘のことを気遣って電話がありました。

私もたまたま新聞で「子宮頸がん」について書かれた記事を読んでいたので、同感でした。

それは、女優の仁科亜季子(にしなあきこ)さんが、今年3月に「子宮頸がん予防ワクチン接種の公費助成推進実行委員会」を発起人の一人として設立した記事でした。

Photo

この人、1953年生まれなんですよsign0150代後半です。女優さんは、やっぱりshine美しいshineなぁwobbly(あ、本題からそれたsweat02

この人自身が、2人のお子さんを出産後、38歳の時に子宮頸がんが発見されました。子宮と卵巣を全摘出したと。摘出後4日目くらいから更年期障害の症状に襲われたそうです。寒気や急な発汗、頭痛や吐き気。女性ホルモンの補充療法を10年続けたとのこと。

排尿障害も起こり、1時間半から2時間おきにトイレに行って、腹筋で行わないとだめだったそうです。排尿障害は、子宮の手術をした女性に高い確率で起こるそうです。

子宮頸がんを引き起こすヒトパピローマウイルス(HPV)の感染は、セクシャルデビュー(初交)する前の若いうちに予防ワクチンを接種すれば、防ぐことができると。

自費で支払うと5~6万円かかるそうです。これを、公費負担にすることができれば、どれだけの人が助かるでしょうか?新潟県の魚沼市を皮切りに、助成に踏み切る自治体が相次いでいるそうです。お金のない自治体は、後回しになる可能性がありますが、防げるガンなら、ぜひ公費でやってもらいたいものです。

Photo_2

(堺市のとある公園の花壇のチューリップ。息子撮影。)

私ごとでありますが、私(うたちゃん)は、子宮筋腫で37歳で子宮を全摘出しました。卵巣は、きれいなまま残っているので、更年期障害は起こっていません。もし、卵巣にも何かが起こって摘出となれば、更年期の症状に悩まされることになると思います。幸い、排尿障害は起こりませんでした。筋腫のある時の方が、なわとびを飛んだだけで、膀胱が押されるのか、飛ぶたびに尿漏れがあり困りましたsweat01

子宮を取ったので、当たり前ですが、生理がなくなりました。それまでは、月に10日くらい生理があり大量出血していたので、常に貧血状態でした。フォアグラ?ゼリー?のような塊の血が、ドカッsign01て出るんです。いくら鈍い人でも、異常に気づきます。お腹も激痛ですsad 同じような症状のある方は、今すぐ病院へsign03 痛み止めにアレルギーがあるうたちゃんは、その痛みを「痛み止めナシ」で乗り切ってました。同じ病気で手術したご近所さんから「こんな痛みを耐えられるなんて、ありえへん」って言われました。

「人の何倍も血を出してきちゃったから、先に出し切ったということで、もういっかsign01」と思い、思い切ってスパッと子宮を摘出する手術に踏み切りました。

術後に、背中に痛み止めの管が刺されていたのですが、アレルギーのため、刺している2日間、39℃以上の熱と全身のかゆみに襲われました。管を抜いた後、どんなに痛くても「副作用がきついからダメ」と、病院から痛み止めを出してもらえず、気絶しそうな痛みを、痛み止めなしで乗り切りました。

Photo_3

(うたちゃん撮影)

息子の友達の野球部主将(生徒会副会長)のOくんから、「子宮がないってことは、妊娠せぇへんってことやんなぁ?じゃあ、うたちゃん、こいつ(Dくん)とやったってくれsmile」と言われました。

「あほや~~」って、ツッコミましたよ、もちろん。そっちが、やる気マンマンでも未成年だし、相手したらうたちゃんが捕まるって~(曝)

子宮が無くなったら「喪失感」に苛まれる女性も多いそうですが、不思議なほど、私にはそれがない。うたちゃんだから笑えましたが、↑のセリフは、人を選んで言わないと、大変なことになりますね。Oくんは、常日頃、「かわいい~heart04まだイケルsign03」とか、挨拶代わりに、自分のお母さんと同い年のうたちゃんに言ってくれるオモシロイ子なので、許される。

ともかく、健康が一番sign03

|

« 記事数100になりました(*^_^*) | トップページ | 今日のお弁当(^・^)☆ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

老若男女問わず健者の方にとって、病や障害は対岸の火事。実際に患ってみて苦しみや痛みを知る事になるっす。
うちは左目が見えません。先天性の弱視です。近代医学なら治療できるそうですが、解ってから既に40年以上。目の機能が其れなりに退化し回復は絶望だそうですorz お頭が弱くても健康なのが一番です ←うちの息子だな(爆)。

投稿: crazy-man | 2010年4月13日 (火) 07時36分

crazy-manさんへ

弱いところをカバーしながらも、がんばっておられるのですね。

私は、たまに下腹部の手術跡がかゆいです。

前は、下腹ポッコリが気になってましたが、手術したらペッタンコになりましたsun
下腹が出てたのは、中年太りじゃなかったのね~happy02
元々、わき腹に肉がつきにくいので、「体型だけは20代」でいきたいと思います(爆)

今日も一日、はりきっていきましょうup

投稿: うたちゃん | 2010年4月13日 (火) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1281525/34187106

この記事へのトラックバック一覧です: 防げるガン”子宮頸がん”:

« 記事数100になりました(*^_^*) | トップページ | 今日のお弁当(^・^)☆ »